ガンは5年以内に日本から消える

いいね!ボタン

ガン

内容紹介

「切る・焼く・殺す」では、ガンはなくならない!
手術・放射線・抗がん剤だけには、もう頼らない

 

【がん治療の鉄則】

(1) 免疫力を大きく下げすぎてしまう可能性が高いため、原則として「対症療法」と「対症療法」を組み合わせてはいけない。
(2) 根本的な解決を図るため、「対症療法」だけをおこなってはならない。

(3)「原因療法」には3つのカテゴリ、「栄養」「温熱」「メンタル」がある。
これらは必ず3つ全部を組み合わせなければならない。

著者について

宗像 久男(むなかた・ひさお)
統合医学医師の会 統合医学健康増進会会長
1948年、福島県生まれ。
早稲田大学大学院政治経済学部で国際経済学を学ぶ。その後、栄養補助食品の普及に10年間従事する。
長崎大学医学部に41歳で入学。専門は神経内科。
その後、代替医療を志し安保徹先生を師としている。
2004年ナチュラルクリニック代々木開設、医療法人社団・一友会初代院長に就任。
2007年には、CCSクリニック院長に就任、2008年には医療法人社団一友会・理事長就任する。
2011年、銀座ヘルスケアクリニック院長に就任。現在、統合医学医師の会会長、統合医学で健康になる会会長を務める。

小林 英男(こばやし・ひでお)
統合医学医師の会 統合医学健康増進会事務局長。
幼少に膠原病を患い3ヶ月以上の長期入院を7回経験する。
自然食品やサプリメントによる分子栄養学健康法で自らの難病を克服。
その後、病人仲間を治癒に導いた経験と、父をガンで亡くした経験から、
「日本からガンと膠原病をなくしたい! 」というテーマを掲げ、
自身が信奉する健康法の啓蒙・普及に携わる。
現在、統合医学で健康になる会の事務局長も務める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました