【ガン】どんなガンでも、自分で治せる!

自分の命に責任をとる。
この決意を固められたたなたに、
いよいよ、
ガン治しの具体的な一歩を踏み出すときが来ました。
ガン研は、ガンを治す総合大学。
授業は各種セミナー。
使用する教科書が、<治すテキスト>です。
特に重要なものに絞って、ご紹介しましょう。

<精神神経免疫学>という学問があります。
免疫の状態にもっとも大きな影響力を持つものは精神、つまり<心>。
ガン治しの成否を決定的に左右するのは<心>だと主張しています。
恐怖、不安、悲しみ、怒り、絶望・・・
ガンになると、誰もが否応なく抱いてしまう、
こうした<マイナスの感情>は、
ことごとく、免疫を大きく低下させ、
治癒どころか、いっそうの悪化を招いてしまうというのです。

ところが大変困ったことに、
私たちは、ガンになるずっと以前から、
マスコミで有名人の死に繰り返し接することで、
<ガン=死>という絶望的なイメージを、心に深く刻み込まれています。
だから、自分がガンだと知らされた瞬間、
積もりに積もったその絶望的なイメージが一気に、噴出。
免疫は急降下するのです。

しかも、多くの場合、医者から悲観的な言葉ばかりを浴びせられます。
ガン治しのために、一刻も早く免疫を上昇させなければいけない肝心なときに、
まったく逆に、最も免疫を低下させ、
ついに<戦う前から、負けている>状態になってしまうのです。

では、一体どうすれば、いいのでしょうか?
恐怖、不安、悲しみ、怒り、絶望・・・
こんな<マイナスの感情>を捨て去ること。
代わりに、勇気、希望、安心、喜び、ファイティングスピリット・・・
これらの<プラスの感情>で、心を満たすのです。
6人の治した先輩たちの体験を通じて、
その実戦的な方法を、徹底的に具体的に描き切ったのが、
本書、『どんなガンでも、自分で治せる!』。

編著者として、そして再発ガンを自分で治した先輩である私は、
この本に二つの願いを託しました。

一つ目。
それは、あなたに、温かい<治るシャワー>を、
存分に浴びてもらうことです。
生存率3パーセントの再発肺ガンを消失させた人、
余命半年の膀胱ガンと大腸転移を消失させた人、
末期の悪性リンパ腫を完全治癒させた人など・・・
自分でガンを治した先輩が、続々登場します。
その感動の成功体験をシャワーのように浴びるのです。
あの人も治った。
この人も治っている。
再発・転移はもちろん、末期の人、余命宣告を受けた人・・・
どんな状況からも、
自分で治した人がこんなにもたくさんいるという事実を、
繰り返し繰り返し読むことで、
シャワーのように浴びるのです。
そして。
「私も、この治った先輩たちのように、やってみよう。
頑張ってみよう」
「大丈夫、私もきっと治せる!」
「私は、必ず、治してみせる!」
と、心と身体の隅々まで、
勇気と希望をみなぎらせてほしいのです。
そして。
一日も早く、あなたの完全治癒への旅を、始めてほしいのです。

もう一つの願い。
それは、<治した先輩たちの、努力をまねる>こと。
「そこまでやるの!」
本書に登場する治った先輩たちは例外なく、
周囲の人たちが、思わずこんな驚きをもらすほどの努力を重ねています。
徹底した玄米菜食、
一年間熱中した全身生姜罨法、
夜明け前の吹雪の中ウォーキング、
石段に手形がつくほど続けた腕立て伏せ、
「治る、治る、治る、治ったー!」と
毎日500回唱え続けるアファメーション
(自分に対する肯定的な宣言)・・・
愚直なまでに積み重ねた、日々の努力の一つひとつが、
ついに、あれほど強固に染みついていた<ガン=死>を、
<ガン=治る>へと大転換させたのです。
そして。
末期ガンをも消失させたのです。

始めから、治す自信たっぷりだった人など一人もいません。
始めから、治るというあてのあった人など一人もいません。
泣いてばかりの日々もありました。
鬱になった人もいます。
けれどみんな、恐怖や不安を一つひとつ乗り越え、
ついに完全治癒を果たしたのです。
そして今、満面の笑顔で、あなたにメッセージを送っています。
「私たちもみんな、涙の中から立ち上がった。
今度は、あなたが治る番だ!」と。

(NPO法人ガンの患者学研究所のホームページより転載)

 

バイオジェニックスについて;

ガンを消失させるためには免疫力を高めることが必要です。
免疫の60%以上が腸管免疫ですから、
腸内環境を整えることがなにより大切です。

通説によれば、乳酸菌は生きて腸まで届き、お腹で増えて腸内環境を改善します。
また、その代謝物質が体内に吸収されます。

ところが、腸内細菌研究の第一人者である光岡氏らの研究によれば(学説)、
乳酸菌は胃酸などで死滅させられるため、ほとんど生きて腸まで到達いたしません。
また、生きて到達することができた菌も、そこに定着できません。
そこで(腸内で)増えることもできません。

つまり、学説によれば、
乳酸菌だけで直接腸内環境を改善することは難しいのです。
また、乳酸菌が腸内にとどまる時間は僅かですから、
その代謝物質もごく僅かで、体内にはほとんど吸収されません。

率直に言えば我々は、乳酸菌が生きて腸まで届こうが届くまいがどちらでも構いません。
とにかく、我々の健康に寄与してほしいだけです。

バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)の場合は、
腸内環境を改善します。
また、乳酸菌の代謝物ですから、体内に吸収されます。

ガン患者である私は、
バイオジェニックス・サプリである天然美通に大変期待しております。
天然美通の公式ページをご覧ください↓↓↓↓
天然美通

【がん・あなたが治るため】一覧
1.私の使命、私たちの願い by川竹文夫
2.自助退縮とは?
3.どんなガンでも、自分で治せる!
4.相性がいいのは、こんな人
5.Q&A ガンの患者学研究所代表 川竹文夫

自分磨きサークル
ブログを更新したらここで報告
ブログランキング応援サークル
アクセスアップのお手伝い!ブログサークルあんてな
【公式】健康・医療サークル
初心者アフィリエイター
アフィリエイト
2017年にブログ始めましたサークル
みんなで気軽にアクセスアップ
ブログランキング応援サークル


起業家のためのオンラインスクール



起業家のためのオンラインスクール↑↑↑を紹介するだけで高額の紹介手数料が貰えるアフィリエイト案件があります↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です