【動脈硬化】血圧を下げるハンドグリップ

いいね!ボタン

動脈硬化


コレステロールとは?
まるさん倶楽部

コレステロールには「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」と「悪玉コレステロール(LDLコレステロール)」の2種類が存在しますが、コレステロール値が高くなってくると問題になってくるのが「悪玉コレステロール」の存在です。

もともとコレステロールは細胞膜の維持やホルモンなどの材料となり身体に不可欠な存在ですが、悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと健康に影響を及ぼしてしまいます。
また、悪玉コレステロールの厄介なところは自覚症状がほとんどないという点。
気がつかない間に不調を招くことから“サイレントキラー”との呼び名もついているのです。

このため、人間ドックや健康診断でコレステロールが高めとの結果が出てしまった方は、毎日のコレステロールケアが必要。食事を含め、運動など生活習慣全般の改善を行っていく必要があると言えます。
LDLコレステロールは体には必要なものであることから、体を外敵から守る免疫細胞のマクロファージによるLDLコレステロールの貪食(どんしょく)は起こりません。
しかし、LDLコレステロールが活性酸素によって酸化すると、変質した酸化LDLコレステロールとなり、元から体内にあるものと異なることから異物と判断されて貪食が起こります。

貪食は内部に取り込んで処理をすることをいいますが、マクロファージが酸化LDLコレステロールを限界まで取り込むと、血管壁の中に入り込んで活動を停止します。
これが続くと血管壁が硬くなり、内側に盛り上がっていきます。
これが動脈硬化の始まりです。

これを防ぐためには、LDLコレステロールを減らすためにコレステロールの摂取量を減らすことよりも、活性酸素の発生量を減らすことが重要になります。

活性酸素は、細胞のミトコンドリア内でエネルギーが産生されるときに多量に発生しますが、ミトコンドリア内のTCA回路での燃焼がスムーズに行われていれば、エネルギー物質のATP産生の効率が良くなり、それほど活性酸素が発生することはありません。

不完全燃焼することによって活性酸素は多く発生するので、効率的にエネルギー源を燃焼させればよいわけですが、そのために必要となるのが三大ヒトケミカルのα-リポ酸、L-カルニチン、コエンザイムQ10です。
また、ヒトケミカルはエネルギー産生で発症した活性酸素を除去する抗酸化物質としても働きます。

まるさん倶楽部

「健康のための豆知識」というメルマガを配信しています。
ちょっとした豆知識ですが、きっとあなたの健康に役立ちます。
登録をお願いいたします。
健康のための豆知識

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました