HOME>特集>理想の家を手に入れるために色々と理解を深めよう

目次

定義を知り理想に近いかを当てはめる

女性

注文住宅を依頼する時に、色々な住宅展示所に行ったりカタログを参考にするかと思いますが、その際にデザイン住宅という言葉を耳にすると思います。基本的に、デザイン住宅とは住宅の外観・内装・間取り等を一つのコンセプトの元に設計・建築された住宅の事を言います。例えば、小さな子どもやお年寄りでも安心して暮らせるというコンセプトの際の住宅づくりを例に見ましょう。そのコンセプトの元に作られたデザイン住宅は、外壁には化学薬品を極力少なくしたもの、内装はバリアフリー等を意識したもの、間取りは死角が少ないものといった感じです。このコンセプトにはお洒落な家づくりや、機能的な家づくり等様々なタイプが考えられ、自分たちの暮らしやすさに究極まで特化した家づくりをすることが可能になります。

室内外の雰囲気という面も重要

部屋

デザイン住宅を注文する上で重要なのは先述のようなコンセプトづくりだけでなく、室内外のデザインという点もあります。具体的に言うと、和風や北欧風、エスニック風等の室内外の雰囲気面という意味でのデザインになります。ここをしっかりと考えておく事も、自分たちの理想の家づくりにおいて欠かせません。

新たなコンセプトの登場も

住宅模型

デザイン住宅におけるコンセプトというのは、年々多様化しています。その一つに、ユニバーサルデザイン住宅があります。このコンセプトはバリアフリーと似ていますが、大きな違いが単に体が弱っている人向け以外への配慮がなされているという点です。例えば、浴室の床は、体が弱っている人で無くとも足を滑らせる危険性があります。性別や年齢、信条を問わず全ての人が暮らしやすいという新たなコンセプトの元に作られています。

広告募集中